ソープランドの多彩なプレイ内容

選んだソープ嬢が待つ個室に行くと丁寧に挨拶をされ、ソープ嬢によっては親しみを込めてキスなどをしてくれる場合もあります。
その後バスルームで洗体のサービスを受けますが、ローションを混ぜたしっとりとしたボディソープをぬりソープ嬢が自分の手のひらを使って優しく身体全体を洗ってくれます。

大衆店より上のクラスになると、女性のアンダーヘアをたわしに見立てて身体を洗ってもらう「たわし洗い」や男性の手をソープ嬢の性器に導いての「壺洗い」、スケベ椅子を使った陰嚢を刺激しながらのフェラなどのプレイも楽しむことができます。
浴槽につかってからはソープ嬢が仰向きになった男性の腰を浮かせ、男性器を潜水艦の望遠鏡に見立てて濃厚なフェラを行う「潜望鏡」は、よく知られているソープのサービスの1つです。

洗体が終わるとソープ嬢がマットとローションを用意し、マットプレイを行ないます。
ぬるぬるによく滑るローションを身体中につけたソープ嬢が、うつ伏せになったり仰向けになったりしている男性に身体を密着させて自分の動かしながらマッサージをしてくれるのはソープならではの快感で、長年のソープファンからも根強い人気があります。
状況に応じてマットプレイの途中でフェラやアナル舐めを行なうこともあり、セックスプレイはソープ嬢のリードで騎乗位でのフィニッシュになる場合がほとんどです。
マットの最後に正常位でプレイをすることも可能ですが、ローションを塗ったマットはどうしても滑ってしまうので、男性は下半身にバスタオルなどを巻いておくとよいでしょう。

ローションをきれいに洗い流した後は2人でベッドに移動し、濃厚なベッドプレイになります。

男性を楽しませるのが仕事のプロであるソープ嬢はどのような要求にでもできる限り応じてくれますが、やはりテクニックのある前戯はクライマックスに向けてのムードを盛り上げてくれます。
ベッドでは全身リップや69などを楽しみながら、最高のフィニッシュを迎えたいものです。

帰り際には名刺を渡されますが、1度サービスを受けて気に入ったソープ嬢を指名することをソープの世界では「裏を返す」と言います。
裏を返してもらえる嬢は店舗から大切にされ給料もアップしていくので、ソープ嬢は心を込めてプロに相応しいレベルの高いサービスをするのです。

ほぼこのような流れでソープのサービスは行われることが一般的ですが、格安店での限られた60分という時間内では、どうしてもこれだけ多彩なプレイを行うことはできません。

ですからソープの真骨頂ともいえる、ローションによるマットプレイが省略されてしまったりするのですがやはり残念なことですね。