高級ソープ地域による比較

高級ソープは有名なソープ街には必ずと言って良いほど存在します。
「最高級のおもてなし」をするというのがい一般的な常識ですが、多少地域によって傾向や金額設定、設備などに違いがあります。
出張などで地方に行くことのあるソープファンや、わざわざソープだけのために遠くのソープランドに遠征する強者まで、各地域の個性の違いを感じながらソープ巡りを楽しんでいるようです。

 1. すすきの

日本最北端のソープ街です。ここには他の地方と違い、120分コースで5万円以上するような高級ソープ店はありません。しかしすすきのには遠方のファンが非常に多く、その理由はキャストのレベルの高さと価格の釣り合いではないでしょうか。元々美形の多い道産子は全国のラウンジやクラブ系、風俗店のスカウトマンが標的にする程に美形が多く、また10代のソープ嬢が多く在籍することでも有名です。土地の価格の安さや札幌の経済水準の問題で他の地域では「中級店」に分類される価格帯ですが、内容的には「高級店クオリティー」の店舗が多く営業しています。

 2. 金津園

昔ながらの重厚な高級店が多く営業している地域です。金津園全体のソープ店が、どこか「高級志向」を打ち出している雰囲気があり、品の良さを感じる大衆店もたくさんあるのは「お国柄」というやつでしょう。その中の高級店ですので説得力があります。超高級店もあり、伝統と懐の深さを感じます。

 3. 吉原

他に圧倒的な差をつける程に高級店が多いのが吉原です。しかし金額的には120分前後のコースなら6万円くらいと、比較的安い店舗も多くあります。過激なプレイ内容は全国NO.1であり、ここで標準化したサービスが他の地域に広がる状況はさすが、と言いたくなります。地価の問題で店舗は小さめですが、その分サービスの濃厚さで値段との釣り合いを取っています。「高級な雰囲気」ではなく「究極的な性の満足」を求めたいならここより他は無いといったところです。

 4. 雄琴

近くに雄琴温泉があり、周囲の雰囲気は完全に「温泉街」であり、そこにこつ然とソープ街がある面白いロケーションです。その環境のせいか、どこかほのぼのとした雰囲気はありますが、その中で営業している高級店のクオリティの高さは遠方の方にも名が轟くほど。

 5. 福原

関西地区最大のソープ街です。高級店も多くあり、静かで落ち着いた雰囲気の雄琴に比べると過激なサービスが特徴的です。福原とその周辺にソープ以外の風俗店がかなりあることから、過当競争の中で磨かれた勝ち組高級ソープという感じで、吉原を彷彿とさせる最新鋭型の高級ソープがたくさんあります。

 6. 中洲

店舗数では神戸の福原以上です。ソープファン憧れの地でもあり日本3大ソープとして数える人も多い場所です。ここの特徴は過度なまでの「高級志向」であり、男性スタッフのかしこまったおもてなしぶりはお客が恐縮してしまうほどの徹底ぶりです。そして何と言ってもコンパニオンのビジュアル面でのレベルの高さは訪れた人の誰もが口にするほどです。

有名な歓楽街のみ紹介いたしましたが、他の地域にもまだ高級ソープ店はあります。
それぞれの地域の環境条件から生まれた特徴は独特でバリエーション豊かです。
自分のホームグラウンドで高級ソープを体験したら、是非一度は言葉の違うコンパニオン達とお手合わせしたいものです。

Categories: 記事