業界の主流になった低価格ソープ

風俗の中では最高級と言われるソープランドですが、かつては高級風俗と呼ばれていたソープランドも、現在では低価格なお店が増えてきています。
むしろ高級風俗というのはかつてのもの、現在ではデリヘルなどとそう変わらない価格のお店が主流となっていて、気軽に遊べる風俗となっているのです。

▼ 激増する低価格店、その理由は?

低価格ソープが激増している理由として挙げられるのは、やはり他の風俗業種が台頭してきたことが大きいでしょう。
特にデリヘルは、現在日本で一番勢いがある風俗で、日本全国でその数は2万軒を超え、日本中どこの県、どこの地域でも必ずある風俗となっていることから、利用者も非常に多い風俗なのです。

また、デリヘルはその手軽さや多様性、そして何よりも低価格であるということが特徴です。
60分1万円程度というのが相場であり、普通のソープランドの半額程度で遊ぶことが出来てしまいます。
そうした価格などに対抗するために、かつての高級を謳うお店は徐々に数を減らし、遊びやすい低価格を売りにしたソープランドが増えているというわけです。

▼ 低価格ソープの相場は?

ソープランドの低価格というのは、一般的な風俗と比較してもそう大差はありません。
現在、低価格と呼ばれているソープランドは、40分~50分で総額1万5千円前後となっています。
一般的なデリヘルと言われているのが60分で1万円~1万5千円ですから、時間あたりで見るとやや割高に感じるかもしれません。
しかし、低価格ソープでは各種割引なども行っているので、それをうまく利用すると、ほとんど変わり無いと言えるでしょう。

また、まだ少数ですがこれよりもさらに安い1万円以下の激安ソープというのも登場しています。
デリヘルよりも安く遊べるソープとして密かに人気となっていて、より低価格化は進んでいるのです。

▼ 質については妥協するしかない

風俗の王様と言われるソープランドでも、低価格ソープともなるとさすがに質については妥協せざるを得ません。
時間が短いゆえに削られるサービスというのもありますし、在籍しているソープ嬢についても給料が安いことから良い女性は集まりづらいです。
お店の利益も少ないわけですから設備投資なども難しいですし、男性店員の質だって良くありません。

本来数万円という高額であるからこそ出せるサービスを無理して削っているわけですから、低品質になってしまうのは致し方ないのです。
それでもソープランドの最低限のサービスというのは楽しめますし、ソープランド独特の雰囲気も味わえますから、ある程度妥協出来る方にはおすすめでしょう。

低価格ソープというと悪いイメージを持たれがちですが、高級ソープなどに比べれば確かに劣るものの、値段相応というのは変わりません。
そうでなければ商売が成り立ちませんし、それに低価格には低価格の良さというのもあります。
そういった良さを見つけるために、色々な低価格ソープを巡ってみてはいかがでしょうか。

Categories: 記事